賃貸でも工夫次第でインテリアを楽しめるんです

賃貸か分譲を見極めて選択する

私の家族内でも時々議論になりますが、住み替えるなら賃貸が良いのか分譲が良いのかという課題。これは、例えば持家の場合でも年齢と共に便利な街中へ移り住みたいと考えた時、その後にかかる費用等や諸々の事情(将来どうしたいか)を検討してみる必要がある。
賃貸、分譲のいずれの場合も家賃、購入価格は同じようにあるわけでお金を払うという点において、どちらの方が自分自身の生活スタイルや状況に合うのか考えなければならない。
例えば、転勤族で単身の場合は賃貸物件の方が、その時々の状況に合わせやすいし、臨機応変な動きが取れる。長くその地域に留まる場合は一考ですが、自分の生活スタイルに合わせて物件を選んで行けばいいと思う。近所付き合い等を考えずに住める点は気楽だろう。ただ、あくまで「借り物」なので自分の勝手で造作する事が出来ず、家具や調度品で個性を演出するのが精々となる。それで気に入らなければ、違う物件に住み変えれば良い。
気を付けねばならないのは、例えば気に入らないからと言って引越すとしても、その度に費用がかかる事は予め承知しておかねばなりません。分譲の場合も同じであるが、この費用は馬鹿にならないし、それを避けるためにも物件を決める前に入念な下調べが必要となる。
そして、「借り物」と言う事は忘れてはいけません。最終的に自分の物になる訳ではないので、「所有欲」を満たすのに難しい面があります。
では、分譲はどうか。
その建物が立っている地域、間取り、設備、諸々を含めて「自分の物」となります。ですから、賃貸物件と違いその地域に半ば「永住」するかの如くの覚悟が要ります。と、少々大袈裟ですが、一戸建てを購入する場合は、土地と建物の金額となるので、費用的にはかさみます。分譲の場合は土地を買うという感覚はない。あくまで「そのフロアの間取りを買う」と言う感覚が強いでしょう。ですから、その分の費用は戸建てに比べ気軽になるのですが、分譲ですから、自分の資産となり、一定の制約はあるものの間取りや設備をカスタマイズする事も可能である。その辺りに自由度があります。もちろん費用は自分持ちなので、購入検討前に、様々な物件を比較検討する必要は賃貸物件同様に発生するわけですが、例えば子供の成長を予想して、周辺環境を検討するのも、その土地に永く住み地域密着する事を念頭に置く必要があるでしょう。
また、自分の持ち物ですから、転売しようが、投資目的で利用しようが自由です。
ただし、費用面に関しては、固定資産税が発生する。設備修理や交換の費用は原則自分持ち。購入当初は問題ないと思われがちな設備修理費ですが、長く住むにつれて劣化してきた時のメンテナンス・交換費用は先を読んで、将来予想される費用として頭に入れておきたい。
一戸建てに住む場合同様、地域との交流は大切にしておきたい。そのマンションに住む人達との交流が一番近く大切な事ですが、有事の際の連携が取れるように心掛けておきたい。
いずれの場合も、長い目で見た住環境と言う生活の場をどうしたいのか。メリット、デメリットをきっちり見極めて選択したいものです。

Pick Up

2016.01.07
友人の賃貸と分譲についての葛藤を更新しました。
2016.01.07
敷金や礼金がかからない賃貸物件を更新しました。
2016.01.07
ペット可能な賃貸物件を探そうを更新しました。
2016.01.07
賃貸か分譲を見極めて選択するを更新しました。

Copyright © 2016 賃貸でも工夫次第でインテリアを楽しめるんです all reserved.